宮崎市立赤江小学校の生徒を中心に活動するソフトボールチーム

ブログ

ゼビオカップ、充実の第3位!!

5月13、14日、ゼビオカップが開催されました。我が赤江ファイターズは、県大会優勝の6年生にけが人が続出する中、この大会へ戦略的に挑みました。初日の予選リーグ、6年生の大部分を温存し、5年生3人を中心に3-4年生を加え、来年の新チームを想定して戦いました。予選リーグ2試合は、打棒爆発し、投げては来年の主戦はるとの好投もあり、全勝で突破し、2日目のベスト8に進出しました。

2日目は主戦けんたがケガで欠場。5年生はるとを中心に、6年生が盛り上げる状況で、広瀬北さんに1-0で勝利!!守走 を中心とした我がチームの持ち味が出たと思います。ベスト4では決勝をかけて、大塚フレンズとの対戦。強敵に初回4点を先制され一方的かと思いきや3点を取り返し、見せ場は作りました。最終的には8-3での敗退ですが、充実の3位でした。商品もたくさんいただきました!!

優勝はさすがの小戸第2レッドソックス。来季のチーム編成も見据えながら児玉監督の采配が冴え渡った試合でした。次は、ベストメンバーで優勝するぞぉー!!

宮崎県大会優勝!!全国大会へ、いざ!!

平成29年5月6-7日、運動公園(木花)で第31回全日本小学生ソフトボール大会の宮崎県大会が開催されました。

我が赤江ファイターズは

1回戦 赤江ファイターズ 8-0(6回コールド) 西池隼

一回戦、硬さが見られ立ち上がりから攻めあぐねましたが、何とか勝利しました。

2回戦 赤江ファイターズ 0-0(TB2回3-0)大塚フレンズ

いきなり難敵との勝負。立ち上がりからバッターは三振の山、こちらの投手けんたは調子悪くピンチの連続。守備陣に助けられながら7回終わって0-0のままタイブレーク突入。タイブレーク1回いきなり1死23塁のピンチとなるも何とかしのぎ、最終回にりくの長打で3点先取し何とか勝利しました。フレンズの分もがんばるぞ!!

3回戦 えだばるサンマリンズ 2-3x 赤江ファイターズ

大会2日目。この日も主戦けんたは調子が悪いが、2回に先制の1点。3回にはソロホームランを打たれ同点。その裏には1点追加し2-1と逆転するも、4回からは投手松葉に交代。なんとか踏ん張っていたが5回裏に同点に追いつかれ嫌なムード。しかし、最終回相手のミスに乗じて2塁から一気に松葉が生還しサヨナラ勝ち。薄氷の勝利!!

準決勝 小戸第2レッドソックス1-1(TB0-1x) 赤江ファイターズ

準決勝は宿敵小戸第2レッドソックス。秋の県大会ではタイブレークの末サヨナラ負けし、全国大会に切符を逃しています。それ以来、主戦けんたは、1度も登板せず、今日のこの日にかけてきました。立ち上がりから三振と凡打の山を築き、攻撃陣は初回に相手のミスから先取点。けんたは、5回まで完全試合でしたが、6回エラー二つ重なり3塁へ走者を置き犠牲フライで同点。7回に2塁打を浴びるも7回1安打1-1でタイブレークへ。タイブレーク1回の裏、ファイターズ1アウト3塁、秋の大会と全く逆で小戸が故意四球2つで満塁策をとり、ゆうたろうの内野ゴロの間に本塁突入し判定セーフのサヨナラ勝ち!!決勝進出!!

決勝 白藤ソフト 1-3  赤江ファイターズ

初回にゆうたろうの3点本塁打で幸先のいい得点。その後、主戦けんたの好投。ファイターズも相手投手を打ちあぐね最終回。白藤の連打で1点返されるものの、けんたが踏ん張って勝利。初優勝となりました。

苦しい試合の連続でしたが、初優勝!!宮崎県代表として全国大会で頑張ってきます!!

大会関係者の皆さん、2日間お世話になりました。感謝します!!

ファイターズのOB、OGのみなさん、地域の皆さん、頑張ってきます!!

ファイターズのみんな、一致団結して精進あるのみ!!

全日本西日本ソフトボール宮崎市予選、突破!!

4月2日 田吉河川敷で上記大会が行われました。

赤江ファイターズは、東大宮ヤンキースと対戦し、10対0の4回コールドゲームで快勝し、県大会出場を決めました。

課題はたくさんありますが、不断の努力の積み重ねの先に栄光があります。チーム一丸で頑張りましょう!!

第27回全九州小学生選抜ソフトボール大会!!

3月25日26日南九州市知覧平和公園にて上記大会が開催されました。

初日は雨の中体育館で開会式が行われ、1回戦は12時から行われました。

わがファイターズは2回戦からの登場。

長崎代表の「K three club」と対戦しました。小雨、グランドコンディション不良の中、着実に点数を重ね、7-2と勝利することができました。

2回戦(3/25)

赤江ファイターズ 2 0 2 0 0 3 7
Kthree club 0 0 0 0 0 2 2

翌日は晴れ間の見える中、福岡代表の「福浜ジュニアSBC」とベスト4をかけての対戦でした。

投手戦の中、内野安打と守備のミスが重なり2点を先制され、打線不発の中、死球、エラーが重なり3点目を加えられ敗退しました。

決勝戦を観戦し、更なる向上を誓って、南九州市を後にしました。

3回戦(3/26)

赤江ファイターズ 0 0 0 0 0 0 0 0
福浜ジュニアSBC 0 0 2 0 1 0 X 3

 

初日は小雨のどろどろグランドコンディションの中よく頑張りました。

2日目の悔しさを忘れずに。

大会出場に際しご支援、ご声援を頂きました地域の皆さまに深謝いたします。

赤江ファイターズはこれからも「子ども達の健全育成」を第一に考え、活動を続けていきます。

児玉監督を中心に団員、父母会が一致団結していきます。

子ども達、夏の大会は県大会で優勝し、全国大会に出場するぞぉー!!

第27回春季全九州選抜第10回全日本春季ソフトボール大会宮崎県予選、第3位!!

今年も新チーム始動の時期になりました!!10月29日~30日に延岡市北川町で「新人戦県大会」が開催されました。我がファイターズは5年生以下の新チームで大会に挑みました!!

1回戦 方財ソフト2-9赤江ファイターズ

2回戦 赤江ファイターズ8-0小松台スピリッツ

3回戦 若鷲ソフト2-5赤江ファイターズ

準決勝 小戸第2レッドソックス1-1  (TB1-0)赤江ファイターズ

  1 2 3 4 5 6 7 total TB total
赤江 0 0 0 0 0 1 0 1 0 0
小戸 0 0 0 0 0 1 0 1 1 1

3位決定戦 赤江ファイターズ3-0広瀬西ソフト

無念の3位でした。しかし、2年連続で全九州選抜ソフトボール大会(南九州市:H29.3.25-26)出場が決まりました。

sinjinsen

強いチーム相手には大量点を望めません。ワンチャンスを生かし、細かいプレーを磨き、勝利を目指しましょう!!

まだまだ、課題多いチームです。向上心を持って引き続き練習に取り組みましょう!!

気持ちを切り替え、「白バラ大会」や「宮日ソフト」で6年生とともに優勝旗をつかみましょう!!

がんばるぞぉー!!

中央リーグ初参戦!!

4月10日 日曜日、赤江ファイターズにとって記念すべき日となりました。正式参加は6月からですが、中央リーグ定期戦に初参加させていただきました。
田野運動公園であいにくの小雨の中でしたが、非常に貴重な経験をさせていただきました。
Bクラスは、のびのびプレーで優勝でした。
Aクラスは予選リーグを1勝1引き分けで何とか通過、決勝トーナメント1回戦で木脇ソフトさんに2-3で逆転負けを喫して3位で終了となりました。
Aクラス予選リーグ
1 2 3 4 5  計
赤江F    0 0 0 1 1   2
江南BB 1 0 0 0 1   2

1 2 3   計
田野S 1 0 1    2
赤江F 1 4 x    5

Aクラス決勝トーナメント1回戦
1 2 3 4 5     計
赤江F 0 0 0 2 0    2
木脇   0 0 0 3 x     3

今年からファイターズ内のMVPを決めることとなりました。
記念すべきMVPはAクラスはしゅんき、Bクラスはひろひとでした。

これからの試合も引き続きMVPを決めていきます。MVP目指して頑張ろう!!

課題の多い、本当に勉強になった大会だと思います。5年生諸君は試練の時ですが、前を向いてしっかりと進みましょう。自分に負けちゃだめだぞぉ!!
いつか必ず喜びに変わります、その時はみんなでよろこぶからねぇ!!
tyuuou (2)

追伸 中央リーグの皆さま、本日は本当にお世話になりました。ありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。

全九州選抜大会初戦敗退!!全日本西日本宮崎市予選、敗退!!

ご報告が遅れました。3月26日27日、鹿児島県南九州市知覧平和運動公園で全九州選抜大会が開催されました。

出場に際して、ご声援、ご支援いただきました皆さま、本当にありがとうございました。合わせてご報告遅れましたことを深くお詫びします。

試合ですが、

赤江ファイターズは、一回戦を勝ち上がった「吉松ソフトボールスポーツ少年団」と対戦しました。一番バッターしゅんきが、初球をいきなり3塁打、相手のミスで先取点をとり幸先の良いスタート。投げてはピッチャーあきらが安定した投球を見せましたが、エラー等も絡み、同点、逆転。1対2の逆転負けで初戦敗退となりました。

新6年生2人のプレーは安定していましたが・・・・・・・・。。

shun

1 2 3 4 5 6 7
赤江F 1 0 0 0 0 0 0 1
吉松ソフト 0 0 0 0 1 0 X 2

 

4月3日(日)は、時折小雨の混じる曇り空の中、田吉河川敷で全日本西日本宮崎市予選が開かれました。

我が赤江ファイターズは、港オーシャンズに先制を許し、1点を返すもの追加点を許し、3対1で市予選敗退となりました。

こちらも、ヒットが打てず、ミスが出る内容でした。新5年生9人の奮起をお願いします。新5年生諸君!!自分が最上級生のつもりで練習に試合に臨みましょう!!

新6年生の二人はもっともっ下級生を引っ張らないと強くなれません!!新6年生は2人しかいないのですから。新4年生以下もレギュラー目指してがんばろう!!

akira

1 2 3 4 5 6 7
宮崎港 2 0 1 0 0 0 0 3
赤江F 1 0 0 0 0 0 0 1

試合後、監督から、団員たちに対して、「ソフトボールのプレイに日々の言動や態度が出ている」という趣旨のお話しがありました。ソフトボールの技術を向上させる前に「なぜ、赤江ファイターズで活動しているのか」、「ソフトボールの枠を超えて赤江ファイターズの目指すものは何か?」をもう一度親子で考えてみて下さい。

一から出直しで子供も親もチーム一丸頑張っていきます。今後とも児玉監督、ご指導よろしくお願いします。

第26回全九州第9回全国小学生春季ソフトボール大会県予選第3位!!更なる高みに挑戦だぁー!!

二人の5年生、他は4年生以下、下級生がうまくなるしか、底上げするしか、勝利はない。県大会前はそういうつもりで監督コーチは考えていたと思います。10月31日~11月1日の県大会は、全体のレベルアップを期待して臨みました。

「外野の守備をなんとかします。」4年生3年生2年生で構成する外野の守備向上を目指し、コーチの熱いノックが試合前日まで続きました。

内野陣にも児玉監督の「炎のノック」が浴びせられました。

初日の1、2回戦はコールドシャットアウトで勝ち進みました。4年生からエースとして投げ続けている5年生二人の投球と下級生たちの打撃、守備のレベルアップが結果となって大人たちはびっくりしました。

二日目のベスト8からの壁。いつも弾き飛ばされてきましたが、子ども達は緊張を感じさせる雰囲気もなく、みずほソフトさんを3対0で下しました。決勝進出をかけた門川ホワイトバッファローズさんとの対戦は、5対0で敗れはしましたが、3位決定戦では、いつも練習試合をしていただいて切磋琢磨してきた木脇ソフトさんに2-0で勝利し、3位入賞となりました。

syunn (2)hi touch (2)

5年生二人がしっかりとプレーで引っ張り、下級生が心身ともにレベルアップできています。児玉健輔監督のご指導の元、「児玉イズム」がみんなに浸透しつつあります。

次は3月の全九州大会(鹿児島県)です。九州大会で戦うにはまだまだレベルアップが必要なことは、みんなわかっています。約5か月後、また、「大きな山」を上ることができるよう、監督、コーチ、団員、親が一丸となって、地道な練習をやっていきます!!

みなさん、その覚悟はできてますね!!

宮崎市協会長杯、次につながる敗戦!!

6年生2人、5年生2人、4年生9人、他3年生以下というチーム構成の中、監督を中心に親も協力して地道に練習してきました。

先発しゅんき(5年生)の投球は、もともとのコントロールに加え、スピードが出てきました。みおん(6年)、こうた(6年)の最上級生もヒットを打てるようになりました。あきら(5年生)が、遊撃から外野のかなめ、センターへ移り外野を固めています。発展途上の4年生たちが、試合では大事なポジションをつとめるしかありません。日々の練習の積み重ねにより、3年生2人、2年生1人がそれぞれ4年生を押しのけて、1試合出場しました。大淀ライオンズとの試合は正直しびれました。4年生以下は、実力主義の激しいポジション争いが始まっています。更なる高みを目指すには、「競争」しかないんです。児玉監督とともに、県大会突破!!宮日優勝!!赤江ファイターズは、前を向いて明日も練習です!!

kantokuteam

1 2 3 4 5 6 7
赤江 0 0 0 0 0 0
檍北 2 0 1 0 X 3
1 2 3 4 5 6 7
大淀 0 0 0 0 0 0
赤江 0 0 0 0 0 0

全九州予選、雨の中熱闘及ばず惜敗!!

6月27日(土)朝5時に赤江小を出発し、西臼杵で開催する全九州大会宮崎県予選に出場ました。 我がファイターズは、6年生2人、5年生2人というチーム構成の中、この一か月この大会を目指して地道な練習を積んできました。 曇り空の中、高千穂で開会式が行われ、場所を日之影中学校に移して地元の宮水ソフトと一回戦を戦いました。

DSC_7644

力投!!

DSC_7659

粘り!!

1 2 3 4 5 6 7
赤江 1 0 3 0 0 0 4
宮水 0 0 0 2 3 5

幸先よく、先制点を取り、追加点を加えて試合を優位に進めたかと思われましたが、雨の降る中、後半逆転を許し、惜しくも一回戦敗退となりました。

この一か月さらなる成長を遂げた赤江ファイターズでしたが、この敗戦をしっかり受け止めて、来年必ずリベンジするぞぉ!!

大会関係者の皆様、宮水ソフトの皆様、雨の中ありがとうございました。ファイターズのお父さん、お母さん方、監督とともに、子供たちとともに、さらにさらに、がんばりましょう!!

子供たちもこの悔しさを忘れずにがんばろぉ!!

監督、さらなるご指導よろしくお願いします!!チーム一丸!!前進あるのみ!!