宮崎市立赤江小学校の生徒を中心に活動するソフトボールチーム

第26回全九州第9回全国小学生春季ソフトボール大会県予選第3位!!更なる高みに挑戦だぁー!!

第26回全九州第9回全国小学生春季ソフトボール大会県予選第3位!!更なる高みに挑戦だぁー!!

二人の5年生、他は4年生以下、下級生がうまくなるしか、底上げするしか、勝利はない。県大会前はそういうつもりで監督コーチは考えていたと思います。10月31日~11月1日の県大会は、全体のレベルアップを期待して臨みました。

「外野の守備をなんとかします。」4年生3年生2年生で構成する外野の守備向上を目指し、コーチの熱いノックが試合前日まで続きました。

内野陣にも児玉監督の「炎のノック」が浴びせられました。

初日の1、2回戦はコールドシャットアウトで勝ち進みました。4年生からエースとして投げ続けている5年生二人の投球と下級生たちの打撃、守備のレベルアップが結果となって大人たちはびっくりしました。

二日目のベスト8からの壁。いつも弾き飛ばされてきましたが、子ども達は緊張を感じさせる雰囲気もなく、みずほソフトさんを3対0で下しました。決勝進出をかけた門川ホワイトバッファローズさんとの対戦は、5対0で敗れはしましたが、3位決定戦では、いつも練習試合をしていただいて切磋琢磨してきた木脇ソフトさんに2-0で勝利し、3位入賞となりました。

syunn (2)hi touch (2)

5年生二人がしっかりとプレーで引っ張り、下級生が心身ともにレベルアップできています。児玉健輔監督のご指導の元、「児玉イズム」がみんなに浸透しつつあります。

次は3月の全九州大会(鹿児島県)です。九州大会で戦うにはまだまだレベルアップが必要なことは、みんなわかっています。約5か月後、また、「大きな山」を上ることができるよう、監督、コーチ、団員、親が一丸となって、地道な練習をやっていきます!!

みなさん、その覚悟はできてますね!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です