宮崎市立赤江小学校の生徒を中心に活動するソフトボールチーム

2017年

ゼビオカップ、充実の第3位!!

5月13、14日、ゼビオカップが開催されました。我が赤江ファイターズは、県大会優勝の6年生にけが人が続出する中、この大会へ戦略的に挑みました。初日の予選リーグ、6年生の大部分を温存し、5年生3人を中心に3-4年生を加え、来年の新チームを想定して戦いました。予選リーグ2試合は、打棒爆発し、投げては来年の主戦はるとの好投もあり、全勝で突破し、2日目のベスト8に進出しました。

2日目は主戦けんたがケガで欠場。5年生はるとを中心に、6年生が盛り上げる状況で、広瀬北さんに1-0で勝利!!守走 を中心とした我がチームの持ち味が出たと思います。ベスト4では決勝をかけて、大塚フレンズとの対戦。強敵に初回4点を先制され一方的かと思いきや3点を取り返し、見せ場は作りました。最終的には8-3での敗退ですが、充実の3位でした。商品もたくさんいただきました!!

優勝はさすがの小戸第2レッドソックス。来季のチーム編成も見据えながら児玉監督の采配が冴え渡った試合でした。次は、ベストメンバーで優勝するぞぉー!!

宮崎県大会優勝!!全国大会へ、いざ!!

平成29年5月6-7日、運動公園(木花)で第31回全日本小学生ソフトボール大会の宮崎県大会が開催されました。

我が赤江ファイターズは

1回戦 赤江ファイターズ 8-0(6回コールド) 西池隼

一回戦、硬さが見られ立ち上がりから攻めあぐねましたが、何とか勝利しました。

2回戦 赤江ファイターズ 0-0(TB2回3-0)大塚フレンズ

いきなり難敵との勝負。立ち上がりからバッターは三振の山、こちらの投手けんたは調子悪くピンチの連続。守備陣に助けられながら7回終わって0-0のままタイブレーク突入。タイブレーク1回いきなり1死23塁のピンチとなるも何とかしのぎ、最終回にりくの長打で3点先取し何とか勝利しました。フレンズの分もがんばるぞ!!

3回戦 えだばるサンマリンズ 2-3x 赤江ファイターズ

大会2日目。この日も主戦けんたは調子が悪いが、2回に先制の1点。3回にはソロホームランを打たれ同点。その裏には1点追加し2-1と逆転するも、4回からは投手松葉に交代。なんとか踏ん張っていたが5回裏に同点に追いつかれ嫌なムード。しかし、最終回相手のミスに乗じて2塁から一気に松葉が生還しサヨナラ勝ち。薄氷の勝利!!

準決勝 小戸第2レッドソックス1-1(TB0-1x) 赤江ファイターズ

準決勝は宿敵小戸第2レッドソックス。秋の県大会ではタイブレークの末サヨナラ負けし、全国大会に切符を逃しています。それ以来、主戦けんたは、1度も登板せず、今日のこの日にかけてきました。立ち上がりから三振と凡打の山を築き、攻撃陣は初回に相手のミスから先取点。けんたは、5回まで完全試合でしたが、6回エラー二つ重なり3塁へ走者を置き犠牲フライで同点。7回に2塁打を浴びるも7回1安打1-1でタイブレークへ。タイブレーク1回の裏、ファイターズ1アウト3塁、秋の大会と全く逆で小戸が故意四球2つで満塁策をとり、ゆうたろうの内野ゴロの間に本塁突入し判定セーフのサヨナラ勝ち!!決勝進出!!

決勝 白藤ソフト 1-3  赤江ファイターズ

初回にゆうたろうの3点本塁打で幸先のいい得点。その後、主戦けんたの好投。ファイターズも相手投手を打ちあぐね最終回。白藤の連打で1点返されるものの、けんたが踏ん張って勝利。初優勝となりました。

苦しい試合の連続でしたが、初優勝!!宮崎県代表として全国大会で頑張ってきます!!

大会関係者の皆さん、2日間お世話になりました。感謝します!!

ファイターズのOB、OGのみなさん、地域の皆さん、頑張ってきます!!

ファイターズのみんな、一致団結して精進あるのみ!!

全日本西日本ソフトボール宮崎市予選、突破!!

4月2日 田吉河川敷で上記大会が行われました。

赤江ファイターズは、東大宮ヤンキースと対戦し、10対0の4回コールドゲームで快勝し、県大会出場を決めました。

課題はたくさんありますが、不断の努力の積み重ねの先に栄光があります。チーム一丸で頑張りましょう!!

第27回全九州小学生選抜ソフトボール大会!!

3月25日26日南九州市知覧平和公園にて上記大会が開催されました。

初日は雨の中体育館で開会式が行われ、1回戦は12時から行われました。

わがファイターズは2回戦からの登場。

長崎代表の「K three club」と対戦しました。小雨、グランドコンディション不良の中、着実に点数を重ね、7-2と勝利することができました。

2回戦(3/25)

赤江ファイターズ 2 0 2 0 0 3 7
Kthree club 0 0 0 0 0 2 2

翌日は晴れ間の見える中、福岡代表の「福浜ジュニアSBC」とベスト4をかけての対戦でした。

投手戦の中、内野安打と守備のミスが重なり2点を先制され、打線不発の中、死球、エラーが重なり3点目を加えられ敗退しました。

決勝戦を観戦し、更なる向上を誓って、南九州市を後にしました。

3回戦(3/26)

赤江ファイターズ 0 0 0 0 0 0 0 0
福浜ジュニアSBC 0 0 2 0 1 0 X 3

 

初日は小雨のどろどろグランドコンディションの中よく頑張りました。

2日目の悔しさを忘れずに。

大会出場に際しご支援、ご声援を頂きました地域の皆さまに深謝いたします。

赤江ファイターズはこれからも「子ども達の健全育成」を第一に考え、活動を続けていきます。

児玉監督を中心に団員、父母会が一致団結していきます。

子ども達、夏の大会は県大会で優勝し、全国大会に出場するぞぉー!!