宮崎市立赤江小学校の生徒を中心に活動するソフトボールチーム

2015年

第26回全九州第9回全国小学生春季ソフトボール大会県予選第3位!!更なる高みに挑戦だぁー!!

二人の5年生、他は4年生以下、下級生がうまくなるしか、底上げするしか、勝利はない。県大会前はそういうつもりで監督コーチは考えていたと思います。10月31日~11月1日の県大会は、全体のレベルアップを期待して臨みました。

「外野の守備をなんとかします。」4年生3年生2年生で構成する外野の守備向上を目指し、コーチの熱いノックが試合前日まで続きました。

内野陣にも児玉監督の「炎のノック」が浴びせられました。

初日の1、2回戦はコールドシャットアウトで勝ち進みました。4年生からエースとして投げ続けている5年生二人の投球と下級生たちの打撃、守備のレベルアップが結果となって大人たちはびっくりしました。

二日目のベスト8からの壁。いつも弾き飛ばされてきましたが、子ども達は緊張を感じさせる雰囲気もなく、みずほソフトさんを3対0で下しました。決勝進出をかけた門川ホワイトバッファローズさんとの対戦は、5対0で敗れはしましたが、3位決定戦では、いつも練習試合をしていただいて切磋琢磨してきた木脇ソフトさんに2-0で勝利し、3位入賞となりました。

syunn (2)hi touch (2)

5年生二人がしっかりとプレーで引っ張り、下級生が心身ともにレベルアップできています。児玉健輔監督のご指導の元、「児玉イズム」がみんなに浸透しつつあります。

次は3月の全九州大会(鹿児島県)です。九州大会で戦うにはまだまだレベルアップが必要なことは、みんなわかっています。約5か月後、また、「大きな山」を上ることができるよう、監督、コーチ、団員、親が一丸となって、地道な練習をやっていきます!!

みなさん、その覚悟はできてますね!!

宮崎市協会長杯、次につながる敗戦!!

6年生2人、5年生2人、4年生9人、他3年生以下というチーム構成の中、監督を中心に親も協力して地道に練習してきました。

先発しゅんき(5年生)の投球は、もともとのコントロールに加え、スピードが出てきました。みおん(6年)、こうた(6年)の最上級生もヒットを打てるようになりました。あきら(5年生)が、遊撃から外野のかなめ、センターへ移り外野を固めています。発展途上の4年生たちが、試合では大事なポジションをつとめるしかありません。日々の練習の積み重ねにより、3年生2人、2年生1人がそれぞれ4年生を押しのけて、1試合出場しました。大淀ライオンズとの試合は正直しびれました。4年生以下は、実力主義の激しいポジション争いが始まっています。更なる高みを目指すには、「競争」しかないんです。児玉監督とともに、県大会突破!!宮日優勝!!赤江ファイターズは、前を向いて明日も練習です!!

kantokuteam

1 2 3 4 5 6 7
赤江 0 0 0 0 0 0
檍北 2 0 1 0 X 3
1 2 3 4 5 6 7
大淀 0 0 0 0 0 0
赤江 0 0 0 0 0 0

全九州予選、雨の中熱闘及ばず惜敗!!

6月27日(土)朝5時に赤江小を出発し、西臼杵で開催する全九州大会宮崎県予選に出場ました。 我がファイターズは、6年生2人、5年生2人というチーム構成の中、この一か月この大会を目指して地道な練習を積んできました。 曇り空の中、高千穂で開会式が行われ、場所を日之影中学校に移して地元の宮水ソフトと一回戦を戦いました。

DSC_7644

力投!!

DSC_7659

粘り!!

1 2 3 4 5 6 7
赤江 1 0 3 0 0 0 4
宮水 0 0 0 2 3 5

幸先よく、先制点を取り、追加点を加えて試合を優位に進めたかと思われましたが、雨の降る中、後半逆転を許し、惜しくも一回戦敗退となりました。

この一か月さらなる成長を遂げた赤江ファイターズでしたが、この敗戦をしっかり受け止めて、来年必ずリベンジするぞぉ!!

大会関係者の皆様、宮水ソフトの皆様、雨の中ありがとうございました。ファイターズのお父さん、お母さん方、監督とともに、子供たちとともに、さらにさらに、がんばりましょう!!

子供たちもこの悔しさを忘れずにがんばろぉ!!

監督、さらなるご指導よろしくお願いします!!チーム一丸!!前進あるのみ!!

 

全九州市予選勝利!!県大会出場決定!!(ファイターズOB,OGの皆さん、お待たせしました)

5月31日小雨の中、全九州大会宮崎市予選が大淀川河川敷(田吉)で行われました。

赤江ファイターズ 0 0 2 0 0 6 1  9
檍小ソフト 1 0 0 1 1 0 1  4

先制点は許したものの、3回には あきら、しゅんきの5年生コンビの連続ホームランで逆転。その後、逆転はされましたが、6回表に打線が大爆発し、試合を決定づけました。

先発 あきらは、落ち着いた投球で完投勝利し、児玉監督初の高千穂出場決定となりました。

6年生二人、5年生二人の厳しい人数構成の中、5年生の攻守にわたる活躍が特に目立ちました!!

6年生二人も県大会出場最後のチャンスの重圧に負けず、チームを勝利に導きました。

DSC_0659copyDSC_0674copy

県大会出場が決まったことで、チームのきずなが強まり、一丸となって更なる高みへとレベルアップできると思います!!

児玉監督fight!!

子ども達!!お父さん、お母さん、がんばるぞぉ!!